屋根改修:減震という新しい概念を 『地震大国 日本』で必要な瓦の選び方はこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

こんにちは家紋壁屋です。今回は上記の内容をテーマにブログを書いてみたいと思います。

日本の屋根は素晴らしい。

なにが素晴らしいかと申しますと「雨にも強く」、「地震にも強い」という両面が常に求められてきました。こうした条件の国や地域というのは結構珍しいらしいみたい。ただ、一方で集合住宅の増加など瓦を使った屋根も近年では少なくなってきています。

そんな昨今ではありますが、やはり昔ながらの瓦屋根には趣があって素晴らしいなと、よい塩梅の屋根をみるとついつい惚れ惚れして登りたくなってしまいますね。(ダメか?)また、最近では新しい素材の瓦も出てきていて、防災という観点からも注目です。


減震瓦-ルーガ ROOGA

瓦のもつ美しさと重厚感はそのままに、重量を一般的な粘土瓦の半分以下に軽量化。しかも強い衝撃にも割れにくい強靭さと、端材を100%リサイクルできる優れた環境性能を併せ持った、新素材の軽い瓦です。

「ROOGA(ルーガ)」はとても強く、重い鉄球を落としても割れません。それなのに、片手でラクラクと持ち上げることができるほど、軽くできています。厚くて、強い。しかも軽い瓦。それは地震大国日本に、長年求められてきた、理想の「瓦」と言えるのかもしれません。 日本の暮らしには、「軽い瓦ROOGA」が調和します。

 
如何でしたでしょうか?知識が深まると住まいに関するイメージがまた少し変わったのではないでしょうか?最後までご購読くださりありがとうございます。それではまた次回をお楽しみに。家紋壁屋でした。