中古物件:なぜ今リノベーション賃貸なのか?意外に知らない理由 3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

こんにちは家紋壁屋です。今回は上記の内容をテーマにブログを書いてみたいと思います。

リノベーション物件が注目されている3つの理由をわかり易く解説していきます。なぜ新築よりも中古のリノベーション物件に人気が移ったかは、一言でいうと人々の生活の多様性が高まったからだと考えています。人とは違う何かを求める、ニーズの多様化こそが、生活のベースとなる住宅にも求められているという事ではないでしょうか。

弊社でもリノベーション物件の需要やお問い合わせが増えてきています。分かりやすい事例ですと

Tポート 様(食堂→イベントスペース)

和光技研 様(事務所→工場)

などで施工を担当いたしました。こちらの事例はまた別の機会に詳細を当ブログにUPしたいと思います。

リノベーション賃貸の理由:その1

住みたいところに安価に住める

従来とは異なった使用方法となる為、まったく新しい価値を生み出す事ができるのがリノベーション物件の魅力です。一方で来月すぐに引っ越ししたいなどスケジュールが喫緊の場合はうまく物件を見つける事が難しくなってしまいます。期限は特にないけれど、将来こんな暮らしがしてみたい漠然とした思いがある方、長期計画でリノベーション物件を探してみる事をお勧めします。タイミングが合えば思わぬ良物件が手に入るかもしれません。弊社のメルマガでも定期的に物件情報を配信しておりますのでぜひご活用ください。

リノベーション賃貸の理由:その2

好きな部屋カスタマイズ

自宅をリノベーションされる方も同様ですが、とにかくいろんな妄想やイメージを多く持つ事が大切です。もちろんすべてのご希望を叶える事は難しいかもしれませんが、多くの事例を継続的に見る事で、「これはいらないかな」など物件特性に合った考え方ができるようになると思います。また生活動線も人によって考え方が違います。有名な建築家に依頼すると使いにくい間取りになったという例は枚挙にいとまがないと言われています。リノベーション物件で何をカスタマイズするかと同時にどのように使うのかという部分にも目を向けて頂きたいと思います。

リノベーション賃貸の理由:その3

新しい価値を産みたい

「なんとなく古びてきたから」という外的要因が起点のリフォームに対して、リノベーションは「こんな事がしたい」、「こんな機能が欲しい」という内的要因が起点となります。例えば「ずっとカフェ経営がやってみたかった。」等々。

詳しくは「高浜でカフェを開業するというmasatakaさんに空き家DIYの話を聞いてみた」をご覧ください。

弊社でも最近は「DIY店舗」のお問い合わせが増えてきました。本業はもちろん副業で何かやりたい、趣味を活かして副収入、コミュニティが広がるイベントスペースを、などなど新しい価値を生む取り組みが地域で生まれてきています。

こちらに関してもまた別の機会に詳細を当ブログにUPしたいと思います。

以上がリノベーション物件を選択する際の理由 3選でした。安く住めるというのは少し意外でしたね。また内的な要因に起因する事が多いと記載しましたが、一方で昨今は「県外引っ越し」よりも「県内引っ越し」が増えているという統計データがあります。生活圏を大きく変えずに「住み替えする」という考え方が増えてきているのではないでしょうか?


如何でしたでしょうか?知識が深まると住まいに関するイメージがまた少し変わったのではないでしょうか?最後までご購読くださりありがとうございます。それではまた次回をお楽しみに。家紋壁屋でした。